不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

不動産投資の融資状況

ファミリーエージェント長渕です。

昨日に某地方銀行支店長と話をする機会があり
収益物件購入に関する融資状況をヒアリング
しました。

この地方銀行は昨年までは積極的に融資を出して
いたところですが、現状での融資に関する方向性
は(一般的な)企業貸し付けにウエイトをおい
ていくという話でした。

おそらく今までの融資が不動産に対する融資に
偏りすぎていて、昨年の金融庁からの調査、通達
などの影響もあり、収益物件購入や不動産賃貸業に
に対しては消極的になっているようです。

金融機関は全体的に同じ流れになる傾向が強いので
予測としては他の地銀や信金などもおおよそこの
ような方向性ではないかと思います。

f:id:family-nagabuchi:20180316122736p:plain

不動産投資に使う融資としては大きく分けて

 

○事業性資金融資(プロパー型融資)

融資基準に明確な決まりが無く、申込者及
び購入物件により金融機関が融資利率や
融資額をオーダーメイドで設定する融資。

基本的に不動産投資を事業とみなし融資
を組み立てる。

 

○アパートローン(パッケージ型融資)

申込者の基準(年収、勤務先、年齢等)
や購入物件価格に対する融資割合、投資利
率などが設定されている融資。

基本的にサラリーマンの資産形成の意味合いが強い。

上記の2パターンになるのですが、先に書いた消極的
になる予測というのは、事業性資金融資(プロパー型融資)
のことを言っています。


一方、アパートローン(パッケージ型融資)に
おいては大きく基準変更がでている話はないため
今後も変わりなく使えると思います。

そのため資産形成ステージのサラリーマンの方
などは適正な設定でアパートローンを活用して
資産形成を進めるほうが進みは早いと思います。

 

規模が大きく、積算が高く出るためまだ地方RCなどは
一部プロパー融資が組めたりするのですが、そのため
「融資がでる今のうちに!」なんてセールストーク
あったりして急いで購入検討してしまうようなことも
あるかもしれませんが、冷静に考えればその後その
物件に融資が付かなくなれば買ったが最後、売れなく
なる可能性も高いわけでそのあたりは冷静な
判断が必要ではないでしょうか。

 

まだまだ私も今月は融資状況ついての情報収集に
力をいれるつもりですので、継続して情報UPして
行きたいと思います。