不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

物件を増やすことと不動産投資の利益

ファミリーエージェント長渕です。
個別相談などで、お客様から「物件を買い進めるにはどうしたらいいか?」という相談が多いです。
不動産投資の場合はある程度規模を大きくしたほうが安定する面もありますし、インカムの額も大きくなるため決して悪いわけではないのですが、規模拡大!ギガ大家!メガ大家!などという風潮に感化されている状況も多いのではと感じます。
とにかくできるうちに物件を増やしたい!買いたい!が先に来てしまっている状況です。

f:id:family-nagabuchi:20180410122041j:plain


不動産投資においては融資は重要なポイントではあるので金融機関は上手く使ったほうが良いのは当たり前ですが、その前に考えないといけないのは「投資をして利益がでるか?」です。
なかには金融機関の融資条件に沿って物件の買い方を指南しているものもありますが、それに沿って物件を複数取得できたとしてもそれで投資の利益が出ないと意味がありませんよね?当たり前です。
逆にある金融機関からは「アパートローンなんて使うと信用棄損だ」なんて話があったとしても十分利益が見込めるのであればアパートローン使い投資すべきです。
先のブログににも書きましたがポイントは出口戦略で、もし先行き「信用棄損だ」という金融機関をどうしても使いたいのであれば売却すればいいだけです。
当社は新築、中古、木造、鉄骨、RCと物件はすべて取り扱いしますが、比較的所得の高い方であれば短期の運用で比較的大きく利益を出せるので中古アパートをお勧めすることが多いのですが、なかには「耐用年数切れの木造は信用棄損する」と言われる方もいますが、そのために利益が見込める投資をしないということはナンセンスではないかと。
もちろん先を見込んでのお話であると思いますが、利益が見込めて売却ができる物件であればどのタイミングでもステージを上げてのリスタートを切ることが可能です。
逆にここ数年で築古RCを複数棟購入しているとか、まして1法人1物件スキームで新築アパートを大量に買い込んでしまった方なんかはこれからどうするのでしょうか?
キャッシュフローの積み上がりに長期間かかるとともに物件価格の下落、出口での融資付け不能などで先の見えない不安な運用が続くのではないでしょうか。
ちょっとやそっとではびくともしない資金や資産があればどんな手法でも構わないと思いますが、資産形成の段階ではテクニックでの物件取得は逆にハイリスクになるケースが多いのでご注意ください。
不動産投資は自身ができる範囲での正攻法できちんと資産形成できますので!

資産拡大でもローンでも売却でもなんでも個別相談活用ください。

apart-toushi.com