不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

中古アパートセミナー開催しました。

ファミリエージェント長渕です。

4/25に当社銀座シックスセミナーサロンに「高収益型中古アパート投資法」としてセミナーを開催しました。

当社セミナーは毎回テーマを変えて実施しているのですが、「中古アパート」というようにカテゴリーを限定したセミナーは通常は参加があまり多くはないのですが、今回はほぼ満席の参加をいただきました。

f:id:family-nagabuchi:20180427083239j:plain

セミナーは中古アパートのメリット、デメリット、賃貸需要について、税対策、中古アパートの融資というような内容でした。

不動産投資の物件相場については基本的に融資の情勢は影響します。

物件に対する融資が沢山出るときは価格が高騰し、融資が絞られると価格は低下する傾向になります。

そのため、新築物件やRC物件などは金融機関の融資基準にあてはまりやすいため融資情勢によって価格、利回りが大きく変動します。

それなので、RC物件などは融資情勢が悪く価格が低い時に取得し融資が出るようになった時に売却するとキャピタルゲインが取りやすいです。

しかし、どうしてもRCは物件ロットが大きくなるため資金余力がある人に限られますが。

それとは逆に中古アパートは金融機関全般を考えた場合に融資のストライクゾーンは広くありません。

そのため融資が活発な時期であっても価格高騰がしにくい性質があり、その逆に融資が渋い時期でも価格が下がりにくい性質でもあるわけです。

それなのでどのような時期でも投資に一番大きく影響するキャピタルロスが出にくい物件種別と言え、きちんとした収支の見込が立てば安定した投資になります。

もともとが高利回りの物件を見つけやすいカテゴリーが中古アパートですので、税対策も組み合わせ投資することで利益見込の高い運用が可能です。

セミナーではこのあたりを詳しく説明しています。

またこの内容のセミナーは開催しますので、ご興味ある方はぜひご参加ください。

当社セミナー予定は

family-ag.co.jp