不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

GW休暇中

ファミリーエージェント長渕です。

当社もGWの連休は休みをいただいています。

特に旅行などの予定をしていなかった自分はこの休みを利用して自分の保有物件を見て回ったりしています。

特別何もない限りは管理会社に任せっぱなしなので、実はかなり久しぶりに現地に行ってみた物件もあったりします。

普段から定期清掃状況と建物コンディション(設備故障や外装、共用部等)は細かく報告してくれるように依頼しているので問題があるようなものはありませんでした。

 

セミナーなどでも話したりするのですが、収益物件の保有は「投資」と「事業」の二面性があります。

私の場合はどちらかというと「投資」と考えているため不動産投資に時間を取られないように管理やリフォーム、入居募集などほぼアウトソーシングしています。

そして購入も売却もあまり好みや感情を入れずに行い不動産投資としての利益と不動産投資以外の自分の時間(私の場合は仕事ですが)での利益を最大化するように調整しています。

それとは逆に当社のオーナー様にもいるのですが、できる限り自分で運営を行うという方もいます。

自身でできる設備交換はしてしまうや、共用部清掃、入居募集のリーシング会社廻りまで。

こちらの方が運営費の実質的なコストダウンは可能だと思います。

しかし、その分自分の時間を使います。

どちらがいいとは言えませんが、運営をアウトソーシングできる(手がかからない)のも不動産投資のメリットといえます。

「投資家」としてのスタンスでやった方がいいのか「大家さん」をやった方がいいのかはそれぞれの立場によって変わりますので、物件購入後は不動産投資なのか不動産賃貸業としてなのかを整理して向き合う必要があります。

 

アウトソーシングするにはコストがかかりますが自分の時間は取られません。

自分でやるにはコストは下がりますが時間を使います。

ここを割り切らないといろんな面でうまくいかなくなるのではないでしょうか。