不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

不動産投資に重要なローン・・・その金利について

本日、当社で契約いただいているお客様が申込んでいる融資について某銀行より「融資承認(OK)」の連絡がありました。
融資額、融資期間についてはほぼ希望通りで、金利は想定よりかなり低いレートでの承認でした。

f:id:family-nagabuchi:20180517180424j:plain

この融資金利なるものはお金を借りるレンタル料なのでレートが低いに越したことはありません。当たり前ですね。


ただ、融資金利も不動産投資を構成する要素の一つなので物件収益率(利回り)、資産価値、税金などを含めたトータルの投資要素で考えることが必要です。

マイホームの住宅ローンは自分の収入から払い続けるので金利は低ければ低いほどいいです。単純な必要資金の借り入れも同じです。


これらの感覚からか不動産投資においても低い金利を非常に魅力を感じ、重要視している方も多いような感じがします。
そのため、ある物件に良い条件(低い金利)で融資がついてしまうとその他の要素を考えず買ってしまうことがあります。


いくら金利が低くても不動産投資の場合は資産価格が下落したり、収益率が低かったり、税払いが多かったら利益は出ないのです。

先に書いた繰り返しになりますが、不動産投資でも低い金利の資金調達は有利です。ただ投資の要素の一つなのです。

次回以降このあたりを具体的に書いてみたいと思います。

family-ag.co.jp