不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

不動産投資の融資は引締めなのだろうか?

ファミリーエージェント長渕です。

今年に入ってからは金融庁、日銀のアパートローンの融資監視強化からシェアハウス投資に端を発した不正融資問題からあちこちで融資は引締めだと言われています。
ただ、当社は以前から一切融資審査資料改ざんや二重売買契約などは行っていないことは当たり前としても複数法人スキームやオーバーローンなども取り扱いしていなかったためか、現時点で融資が引き締めになって厳しいという感じは全くと言っていいほどありません。

f:id:family-nagabuchi:20180531145405j:plain


融資打診をお願いする時に金融機関側が慎重になっているような印象は受けますが、当社はいつも通りの持ち込みをすれば融資承認は取れています。

やはりここ数年の融資状況が異常で現在はもとに戻ってきているだけなのではと思います。


シェアハウス投資や新築アパート投資などで破綻している人のコメントで特徴的なのは
「この物件に銀行が融資をするということはこの投資は大丈夫だと思った・・・」
という内容です。

 

これは銀行が融資をOKするということは購入物件や収支内容は適正であると審査が通ったからだというお墨付きを感じていたということでしょう。
エンドユーザーの一部はいくら不動産会社がいいといってもダメな物件は銀行がNGを出すでしょうという感覚があるのかも知れません。


しかし、物件を販売する不動産会社が大丈夫ですと言い、融資する銀行が大丈夫だと言った不動産投資が破綻しているのです。

(当社は、適正でない投資には銀行がOKを出しても物件購入にNGを出す会社です。)
このあたりがここ数年の融資環境の異常さであり、安全性を欠いた不動産投資が多かったということではないでしょうか。

 

現状では先に書いたように融資状況がもとに戻ってきているということは、無理な資金計画、事業内容、担保評価では融資は出ないためリスクが高い投資に対しては金融機関でストップがかかり
「この物件に銀行が融資をするということはこの投資は大丈夫だと思った・・・」
このコメントが本来の意味を成してくるように感じます。
だから絶対大丈夫などとは言えませんが、不動産投資においては決して悪いことではありません。


そしてこれからはきちんと融資が付いて安全に運用できる物件を提案する会社と融資も付かず運用に無理がある物件ばかり提案してくる会社と分かれてくると思いますので不動産会社の見極めも付きやすいかも知れません。

apart-toushi.com