不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

はっきり言って美味しい話はありません。

ファミリーエージェント長渕です。

不動産投資(=不動産賃貸業)は大昔からある投資(事業)です。

大昔の大家さんが融資を使いレバレッジかけていたかどうかは知りませんが、不動産を取得(保有)し、それを貸出し家賃を得るというある意味だれでも知っている仕組みです。

数多くの安定経営している大家さんが実在することからもわかるように、この不動産投資の仕組みは明らかになっています。

そのため特にこれから不動産投資を始める人は不動産投資ないしは不動産賃貸業の基本に沿った取り組みをすることが重要です。

はっきり言って美味しい話はありません。

昨今大きな問題になっていることや、これはいい!ともてはやされた手法があっという間にダメになってきていることでもわかります。

・自己資金は全く不要です・・・

・民泊は儲かる・・・

・会社をたくさんつくって物件取得・・・

・シェアハウスは高利回り、家賃保証・・・

などなど目新しかったり、自分だけが得をするような謳い文句の投資手法に取組んだ人は今どうなっているでしょうか。

皆さん苦労しています・・・

自分の本業や不動産、その他の投資などで多少のことでは自身の経済基盤が揺るがない状況での応用編として成功半分、失敗半分の気持ちで取り組める人ならいいかも知れませんが、不動産投資の場合はケースによっては多額の借入をしてしまうこともあるためその余裕がない人は不動産投資の基本に沿って適正な利益を出すことを繰り返したほうが間違いなく上手くいきます。

手元資金を使ってしまうと次ができなくなってしまうような気がすることもあるかも知れませんが、自己資金をきちんと入れたほうが不動産投資は健全であることも多いです。

本日見かけた広告は

f:id:family-nagabuchi:20181106151247j:plain

不動産投資は住宅ローンではできません。収益不動産購入で0.4%台の融資金利なんて使えないです。

これは所謂賃貸併用住宅の広告なのでしょうけど、賃貸併用住宅を全否定するつもりはありませんが、一般的には難しい取組です。

融資が使えるら・・・金利が安いから・・・と安易に取組むのはどうかと思うのです。

「アパート融資が厳しい今だからこそ!」となっていますが、適正な不動産投資であれば現状でも融資は厳しくもなんともないです。

いろんな手法を使い融資ありきでどんどんやっていた不動産会社や投資家には融資が厳しいと感じるかも知れませんが。

この広告には

f:id:family-nagabuchi:20181106152332j:plain

35年後には一億円ほどの資産価値になる計算だと・・・

35年年後に一億円いります?それより生きています?

儲からない投資ほど長期の見せ方で投資をよくわからないものにしがちです。

はっきり言って35年後なんて誰にもわかりません。

冷静に考えればわかるはずです。

適正な不動産投資に取組みたい方はぜひご相談ください。

個別相談LP | ファミリーエージェント Family Agent

 

出版記念としてファミリーエージェントのセミナー及び個別相談のご参加で

書籍プレゼントしています。

f:id:family-nagabuchi:20181024094901j:plain

セミナー、個別相談詳細・申込はこちら

「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」出版記念|一棟アパート・マンション、事業用不動産のコンサルティングならアパート投資.com

※ファミリーエージェントがメディアに取り上げられました。

経営者インタビュー番組「KENJA GLOBAL」

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳