不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

これから取得にチャンスの物件も増えてきます。

ファミリーエージェント長渕です。

今年は金融機関の融資情勢に大きく変化があったのは確かですが、不動産投資(収益物件)全体に影響があったかというとそうではなく、物件種別によって融資の影響度合いが出ています。

f:id:family-nagabuchi:20180712144727j:plain

今まで融資が出ていた物件種別はRCマンション、新築アパートで融資がたくさん出ていたため物件価格は高騰していました。

融資が付きやすい物件は買い手が増えるため価格は上がります。

一方、中古アパートや中古(築古)区分マンションなどは今話題のスルガ銀行が融資対象としていなかったことや耐用年数の関係で金融機関が限定的であったため融資状況は今と変わらない水準のため物件価格も変わりはありませんでした。

この状況であったため、当社では価格が高騰している物件種別の取り扱いは少なく、価格が安定的で投資水準に適合する中古アパートの取り扱いが多かったです。

現在の市況においては融資が絞られた物件種別(RC・新築)の動きが停滞してきていて、おそらく物件価格は下がってくる傾向で当社でもRC物件などは取引が増えてきています。

そのためRCマンションや新築アパートは良い物件が出てくるのを待つタイミングであると思います。

しかし、中古アパートなどはそもそも価格変動(高騰)していませんし、融資状況も変わっていないので待つ意味はありません。

狙う物件種別によって取得の戦略が変わってきます。これから取得にチャンスの物件も増えてきますのでその前に資金計画や投資の方針を固めておくことを勧めします。

是非個別相談を活用ください。

 

ファミリーエージェント無料個別相談申込はこちら

 

 

出版記念としてファミリーエージェントのセミナー及び個別相談のご参加で

書籍プレゼントしています。

Amazonでの購入はこちら

f:id:family-nagabuchi:20181024094901j:plain

セミナー、個別相談詳細・申込はこちら

「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」出版記念|一棟アパート・マンション、事業用不動産のコンサルティングならアパート投資.com

※ファミリーエージェントがメディアに取り上げられました。

経営者インタビュー番組「KENJA GLOBAL」

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳