不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

今年の不動産投資は、民泊、シェアハウス、多法人スキーム、オーバーローン、新築アパート、地方1棟マンションはどうだったのか?

ファミリーエージェント長渕です。

当社の年内営業もあと2日となりました。

今年も多くのお客様、取引先様とお取引いただき誠にありがとうございました。

f:id:family-nagabuchi:20180828074131j:plain

当社はいつもと同じようにこの一年も仕事をさせていただきましたが、不動産投資市況においては昨年とは状況が一変した年ではなかったかと思います。

年初から年末まで不動産投資、金融、不動産賃貸等々に関するネガティブなニュースが連続していたと思います。

不動産投資に関することにおいては、民泊、シェアハウス、多法人スキーム、オーバーローン、新築アパート、地方1棟マンションなど昨年まで脚光を浴びていた投資手法(投資種別)が軒並みダメになったのも今年でした。

特に新築アパート、地方1棟マンションは融資の特殊性からバブルの様相でしたので、金融機関が撤退、強制退場した後は急速にマーケットが崩壊していきました。

当社はこれらのことのどれにも積極的には手を出していなかったため、今年も順調に仕事をさせていただけたのかもしれません。

やはり不動産投資は「融資が出る=物件買える」だけではなく「その先に投資による利益を見込めるか」が重要です。

金利で資産価値の低い物件を多額の融資付けで購入しても利益が出るわけないのです。そんな当たり前のことが分かっていたかどうかが今年の投資家も不動産会社も明暗を分けたのではないでしょうか。

来年も当社は不動産投資の本質を踏まえた仕事をコツコツ続けていきたいと思います。

 

ファミリーエージェントのセミナー及び個別相談のご参加で

書籍プレゼントしています。

Amazonでの購入はこちら

f:id:family-nagabuchi:20181024094901j:plain

セミナー、個別相談詳細・申込はこちら

「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」出版記念|一棟アパート・マンション、事業用不動産のコンサルティングならアパート投資.com

※ファミリーエージェントがメディアに取り上げられました。

経営者インタビュー番組「KENJA GLOBAL」

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳

 

マーケット・経済専門チャンネル日経CNBC「時代のニューウェーブ