不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

今年の3月金融機関の動向は?

ファミリーエージェント長渕です。

毎年3月は金融機関の年度末となり例年なら今期中に融資残高を伸ばしたい金融機関から今の時期は3月融資実行(物件引渡し)の案件お願いしますと連絡が多いのですが、今年は全くありません。

3月のほうが通常月より融資条件が緩くなるためチャンスであるという話などは以前はあったのですが、今年は金融機関全体的に収益物件に関する融資は慎重姿勢であるためそのような状況ではなさそうです。

f:id:family-nagabuchi:20190220131529p:plain

しかし、一部の地銀、信金は融資を絞ったところもあるようですが、当社がお付き合いしている金融機関は基本スタンス変わることなく融資が出ています。

当たり前ですが

・申込者属性

・物件担保力

・物件収益力

・事業見込

などの審査条件がきちんとクリアしていることが前提です。

そして過度なフルローン、オーバーローンは出ません。

このあたりの取組は当社の場合は以前からそうなのであまり融資環境の変化は過度に感じていないのですが、フル、オーバーばかりでやっていた会社、投資家は融資が引き締められている感じているでしょう。

融資がたくさんついても投資して利益がでなければしょうがないですし、利益が見込める投資で使える資金があるなら投資したほうがいいのです。

適正に見極めすることで不動産投資は資産形成に有利に働きます。

ファミリーエージェントのセミナー及び個別相談のご参加で

書籍プレゼントしています。

Amazonでの購入はこちら

f:id:family-nagabuchi:20181024094901j:plain

セミナー、個別相談詳細・申込はこちら

「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」出版記念|一棟アパート・マンション、事業用不動産のコンサルティングならアパート投資.com

※ファミリーエージェントがメディアに取り上げられました。

経営者インタビュー番組「KENJA GLOBAL」

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳