不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

金融庁~人生100年「2000万円不足」

ファミリーエージェント長渕です。

金融庁より資産形成を促すという発表があり新聞でニュースになっていました。

2019/6/4付 日本経済新聞より

================================

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

金融審議会で報告書をまとめ、高齢社会の資産形成や管理、それに対応した金融サービスのあり方などを盛り込んだ。

平均的な収入・支出の状況から年代ごとの金融資産の変化を推計。男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼った生活設計だと毎月約5万円の赤字が出るとはじいた。これから20年生きると1300万円、30年だと2千万円が不足するとした。

長寿化が進む日本では現在60歳の人の25%は95歳まで生きるとの推計もある。報告書では現役時代から長期積立型で国内外の商品に分散投資することを推奨。定年を迎えたら退職金も有効活用して老後の人生に備えるよう求めた。

================================

f:id:family-nagabuchi:20190607163411j:plain

日本は長寿化してきているため退職後に年金だけでは赤字となるため、退職後30年生きるとすると年金以外に2,000万円は必要であるとうことでした。

国として将来的に年金は不足すると暗にアナウンスしていて、この資産形成を促すという発表以外にも高齢者での就業も推進しています。

 

この金融庁の発表では<長期積立型で国内外の商品に分散投資することを推奨>としていますが、実際に目安として2,000万円の貯えが必要ということであれば、年齢にもよりますが低リスクの金融商品ではこの貯えをつくるのは難しいでしょう。

そして住居費や教育費の負担が重い40~50代では単純な貯蓄でこの貯えを作ることも難しいのではないでしょうか。

 

運用に自信があればFXや株式などハイリスクな投資で資金を増やすことも可能でしょうが、ハイリスクであるが故多額の資金を失う恐れもあります。また働き盛りで仕事が忙しい時に相場に張り付いついて資産運用するということも無理があると言えます。

 

やはり現在の日本の状況を考えたときに将来的な不安解消には不動産投資が適しているのではないかと考えます。

働き盛りの40~50代での自身の立ち位置が資金調達で有利に働く面があり、実際の運用も専門の会社にアウトソーシングすることができます。

そして不動産の場合は金融商品などと比べ実質の運用額が大きいため、最終的に残るお金の額が大きくなる特徴があります。

しかし、何億という額の不動産に投資をしなくても不動産投資の場合は10~15年程度の期間をかければ先に書いた2,000万円程度の貯えを作ることはそんなに難しいことではありません。

・物件から発生する収益(家賃)

・資産(物件)価格

・資金調達(借入)

・税金

不動産投資は上記の4点をきちんと押さえて取り組めば利益を出すことができます。

それなので間違った取り組みをしないことが重要になりますので、まずは不動産投資のポイントきちんと理解することから始めることをお勧めします。

ファミリーエージェントのセミナー及び個別相談のご参加で

書籍プレゼントしています。

Amazonでの購入はこちら

f:id:family-nagabuchi:20181024094901j:plain

セミナー、個別相談詳細・申込はこちら

「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」出版記念|一棟アパート・マンション、事業用不動産のコンサルティングならアパート投資.com

※ファミリーエージェントがメディアに取り上げられました。

経営者インタビュー番組「KENJA GLOBAL」

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳