不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資攻略完全バイブル ファミリーエージェント

不動産投資コンサルティングの株式会社ファミリーエージェント代表による収益不動産・賃貸経営・ファイナンス・投資手法などブログ

このアパート(マンション)かわいそうだな

ファミリーエージェント長渕です。

現在、埼玉県と神奈川県にて再生物件に取り組んでいます。

コンディションの悪い物件を取得し、建物をリフォーム、リノベーションで状況改善し稼働率をあげることによって入居率が良くメンテナンスリスクも低いという物件に再生するという作業です。

 

f:id:family-nagabuchi:20190801170129j:plain

 

そのような物件を取得する際は私が必ず物件現地を確認します。

(上の写真は現地確認に行ったら放置自転車が山積みだった物件)

コンディションが悪い物件をターゲットにしているの当然ですが、いつも思うのは

「このアパート(マンション)かわいそうだな、、」と。

 

やはり建物は仮に経過している年数が同じでもメンテナンス状況によって全く違います。

 

やはり放置されている物件はボロい、汚いだけてなくオーナーに見放された負のオーラを発しているかに感じます。

空室が増えて入居者の質が下がりその所有者のお荷物のような存在になってしまいますが、それは当然オーナー(所有者)のせいなわけです。

 

 逆にメンテナンスと定期清掃が行き届いたオーナーの愛着が感じる物件はどんなに古くても住みたいと感じさせる雰囲気がありますし、入居者の質も良い傾向があります。

 

新築、築浅の物件ではこのあたりの差がつきにくですが、物件が古くなればなるほど運営方法によって大きな差がつくためこのあたりも中古収益物件は取り組み方によって利益が大きくなるポイントかと思います。

早め早めのタイミングでメンテナンスをする。

きちんと定期清掃を入れる。

何も難しいことではないのですが、できていないオーナーが多いのも事実です。

 

この難しくないことをきちんとできれば賃貸経営で利益が取れるオーナーになれます。

 

セミナー、個別相談詳細・申込はこちら

「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」出版記念|一棟アパート・マンション、事業用不動産のコンサルティングならアパート投資.com

 

※ファミリーエージェントがメディアに取り上げられました。

経営者インタビュー番組「KENJA GLOBAL」

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳

 

マーケット・経済専門チャンネル日経CNBC「時代のニューウェーブ」に紹介されました。

f:id:family-nagabuchi:20190729095054j:plain
 

 ニューズウィークWEB

CHALLENGING INNOVATOR|株式会社ファミリーエージェント 長渕淳

f:id:family-nagabuchi:20190704175422j:plain